射出成形

常に全ての業務において顧客第一主義を念頭に、喜ばれ信頼される製品を作るための企業活動を行なっております。

社員は品質マネジメントシステムを厳守し、品質・納期・コストについての顧客要求を満足させるための改善活動に、常にスピードを持って取り組んでいます。

弊社では射出成形品の金型設計から試作・量産まで一貫生産をしております。
多種多様なお客様のニーズにお応え出来る体制をとっております。

射出成形品・プラスチック部品に関することなら何でもお気軽にお問合せ下さい。

製造から出荷までの流れ

画像クリックで拡大表示します

1.プラスチック原料を準備する

プラスチック原料米粒のように小さな原料です。プラスチック製品を作るには、この原料が必要です。製品に応じていろいろな種類の原料があります。

2.プラスチック原料を乾燥させる

プラスチック原料良い製品を作るには、原料に含まれている水分等を乾燥させてあげます。除湿乾燥機や真空乾燥機を使って乾燥を行います。

3.原料を溶かして成形を行なう

プラスチック原料射出成形機に取り付けてある金型にドロドロに溶かした原料を流しこみ、冷却した後に製品をロボットで取り出します。安定性・安全性を重要視して作業を進めていきます。

4.ベルトコンベアに並べて流していく

プラスチック原料取り出された製品は、ベルトコンベアの上に並べられ、次の工程に流れていきます。工場内はクリーン度を保ち、製品に浮遊物が付着しないように注意をして作業を行います。

5.製品の加工を行なう

プラスチック原料製品の加工や検査を行ないます。大変に重要な仕事です。
外観・形状不良・損傷不良・加工不良等、作業標準書を基準にした工程検査を行います。

6.検査・出荷の準備

プラスチック原料製品をひとつずつ検査します。最終的な品質検査が終わり、箱詰め出荷の準備をします。
ISO9001:2008認証に基づく管理体制を構築して作業を行っております。

7.製品完成・納品

納品完成した製品を車に積み込み、お取引先へ約束の日時に納品します。
喜ばれ信頼される製品をジャストタイムにお届け致します。

ハヤブサの射出成形の概要

事業内容
プラスチック射出成形加工・組立・金型製作
成形機
15トン〜140トンまで 9台保有
(上記以外で協力メーカー設備により、650トンまで対応可能です。)
主要生産品目
自動車部品、家電部品、化粧品部品、医療機器部品、ギア部品