クリスタルパージの役割と目的

多品種少量生産の時代においていかにスピーディーに作業を行い、ロスをなくし、そしてコストカットできるかが最も要求されます。クリスタルパージは多品種少量生産に大きく活躍・貢献できる射出成形機・押出機用パージ剤商品として開発いたしました。

多品種少量生産における問題点


(悪い流れ)

  1. 段取替えの多発による段取時間の増大化
  2. 不十分なパージ作業により品質が不安定。
  3. 不良率の増加。
  4. 納期遅れ。(不良分の再生産を行わなければならない。)
  5. 成形材料の無駄・材料ロス発生。
  6. 生産コスト全般の高騰。

(良い流れ)

  1. 段取替えの多発による段取時間の増大化ををいかに縮小するかあらゆる面から見直す。
  2. 完全なパージ作業により品質が安定。
  3. 不良率の激減。不良「0」へ目標を持つ。
  4. 納期が守られる。
  5. 成形材料のロスが無くなる。
  6. 生産コストの削減が計られる。

パージ作業は成形行程の中で非常に重要な作業です。いかにスムーズに色替え、材料替えが出来るか、また炭化異物をなくすことが出来るか、それは上記の流れで示したように品質安定に大きく影響します。そして生産コスト削減のために大きな役割を担っているのです。